夏バテ(内蔵にもエコを)

今日は幾分涼しいですね。
暑さの中休みがあるとホッとしますよね。
さて、今日は夏バテのお話です。
この季節になると、スルッと入る物や冷たいものを採りたくなりますよね。
お気持ちはわかりますが、体的には良くはないですよ。
スルッと入る食べ物は、あまり咀嚼をされずに胃袋に届きます。
胃袋に届いた食べ物は、胃液(主に塩酸)で溶かされます。
通常よりも咀嚼されずに、胃袋に到着してしまうと、
溶かすための胃液がより多く必要になります。
さらに、胃から小腸に送り出される際、そのままだとかなりの強酸状態
ですので、膵液により中和されます。
胃液が多いとそれを中和するための膵液も多くなります。
良く噛まない→胃液増える→膵液増えるという具合になります。
natubate
胃液も膵液も通常より多く出さないとならないので、内蔵も疲れますよね。
これが夏バテの原因の一つです。
良く噛むことで内蔵もエコ化できます。
ぜひ、内蔵にやさしくしてあげてください。
ちなみに、治療院ではりきゅうで「夏バテ」を治療する場合は、胃と膵臓が癒える様に私は治療をしています。
では質問。冷たいものを採るとなぜ体に負担になるか?
よければご意見お聞かせください。
私なりの考えは次回にでも。。。

iga の紹介

はじめまして。 喜絡堂の院長をしております伊賀秀文です。 これも何かのご縁ですね。 その季節ごとに旬の話題を提供していけたらと思っております。
カテゴリー: 養生   パーマリンク

夏バテ(内蔵にもエコを) への2件のコメント

  1. シロタイヤキ より:

    こんにちわ 伊賀先生

    よくかむ事が大事。
    早食いのクセで、なかなか習慣にすることが難しいです(^^;)
    ただ、かむ事を意識してみると、飲み込むまでのかむ回数は、
    野菜類とご飯類など、食品によってずいぶんは違いますね。
    「早食いありき」ではなく、かまなくてもいい食事を選ぶ食生活で、
    早食いになったというという見方もあるかも。
    体に良い食事を選ぶよう心がけたいと思います。
    冷たいものが体に負担になる理由は、
    よく「冷えると血行が悪くなる」といいますね。
    しみじみ考えると、なぜなんでしょ。

    • iga より:

      シロタイヤキさん

      そうですね。よくかむ事が大事です。
      意識してみると食品によってずいぶん違うのを感じますよね。
      「よく噛むことが大切」ということを知ってて、
      早く食べてしまうのと知らず知らずに早く食べてしまって
      いるのとは違うので、ぜひ、ああ、今日も早く食べてしまって
      いると思いつつも意識して食べてみてください(^_-)。
      確かに、噛まなくても良い食品が増えましたよね。
      面白い見方ですね。
      冷たいものを食べると結構が悪くなる→の流れはほぼ自分の
      考えと同じです。
      後程、ブログをアップしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">