間合い

今日は小唄という三味線を聞きに行くご縁に恵まれた。
最初、誘われた時は面白くないだろうと思って期待はしていなかった。
しかし、実際に目の前で演奏を聞くとそれは一変した。
独特の音色も魅力的だったが、音合わせもしていない、
二人がお互いの間合いを見極めて、素晴らしい唄と糸の共演となった。
お互いに身体から発する何かを感じとり、お互いにそれを合わせる。
私はそこに、愛というか、艶やかしさというか独特の雰囲気を感じた。
これを知ると、また新たな何かに気づきがありそうと感じ、
胸踊る気持ちに浸りながら、日本酒を堪能した。

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

普通の人

最近、心をフラットにする事が難しい事が多い。
治療する場合は、患者さんといかにフラットで接し、
集中するかが肝だと感じている。
でも、そう出来ない時もあり、そういう時はひたすらに寝ることにしている。
心の荒波を感じながら、雑務をしていたら、
地から図が浮かんできた。
普通の人生なのだから普通でいいのでは?
妙に馴染む。
どこか自分は特別な存在と思い続けてきたところがあると知る。
そうか、普通でいいんだなと改めて感じる。

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

落ち着いて築く

ある人から落ち着いて築く事を学んでいた。
私の人生は、ある意味、その時その時を全力で生きてきただけだ。
年単位で着々と積み上げて来たのは、鍼灸の技術と傾聴の技術くらいだろう。
こう見えて、人づきあいは苦手だ。
なので、人間関係を落ち着いて築く事を蔑ろにして来たと改めておもう。
時間をかけて落ち着いて築いた関係は、壊れるのにも時間がかかると、
その人はいう。
その人とその事を実感したかったが、叶うことはなかった。
このことは私の人生で大きな損失であろう。
ただ、私の人生に人との新たな関わり方が加わったのは確かだ。
とてもありがたい事だと思いながら、その人との別れに今は浸っている。
またいつか、いまより成長した私で、酒を酌み交わしたいものだ。

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ