間合い

今日は小唄という三味線を聞きに行くご縁に恵まれた。
最初、誘われた時は面白くないだろうと思って期待はしていなかった。
しかし、実際に目の前で演奏を聞くとそれは一変した。
独特の音色も魅力的だったが、音合わせもしていない、
二人がお互いの間合いを見極めて、素晴らしい唄と糸の共演となった。
お互いに身体から発する何かを感じとり、お互いにそれを合わせる。
私はそこに、愛というか、艶やかしさというか独特の雰囲気を感じた。
これを知ると、また新たな何かに気づきがありそうと感じ、
胸踊る気持ちに浸りながら、日本酒を堪能した。

iga の紹介

はじめまして。 喜絡堂の院長をしております伊賀秀文です。 これも何かのご縁ですね。 その季節ごとに旬の話題を提供していけたらと思っております。
カテゴリー: その他   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">