芝生

いつからだろう。
歩いているだけで満足出来なくなったのは。

先日、気軽に登れる山の中腹にある公園に行った。
天気は曇り。見渡す一面芝生が敷いてある。
ゴロリと横になり、ぼーっと回りを眺めていた。

目線の端の方から誰かが視界に入ってくる。
一歳位の赤ちゃんだった。

その子の顔を見た時、ハッとした。
まだおぼつかない足取りで、本当に幸せそうに芝生の上を歩いている。
ただ歩いているだけなのに、生き生きした顔で芝生を楽しんでいる。

あの純粋な感覚は何処にいってしまったのだろうか。

iga の紹介

はじめまして。 喜絡堂の院長をしております伊賀秀文です。 これも何かのご縁ですね。 その季節ごとに旬の話題を提供していけたらと思っております。
カテゴリー: 旬の話題   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">